アメリカ留学の魅力とは
2018年12月21日

留学体験が人生観を変えることもある

海外に留学をすると、日本にいてはすることのできないさまざまな経験を一気に獲得することも可能です。

他文化圏で暮らすと、カルチャーショックといって劇的な価値観の変化に襲われることもありますが、概してそうした変化を体験することは後の人生に役立つものなのです。就職時にこういう体験をしたと話すことができれば、面接官にもいい印象を与えることができますし、独立した一人の人間として自己意識改革ができる可能性が高いです。価値観を根底から覆すような出来事は、その人を大きく成長させるきっかけになることは間違いがないのです。

留学はそうした体験の宝庫だと言ってもよく、まさに若い人にはぴったりの行為なのです。大学生あたりの時期にできればどこか海外留学はしておきたいものです。この時期は比較的自由になる時間が多いので、一年でも二年でも海外留学をすることは可能です。大学生の時期なら、ワーキングホリデービザを取得することも可能ですから、経済的な心配もほとんどする必要がありません。

大学の中には留学費用を助成してくれるところもあるので、奨学金システムはしっかりチェックしておきましょう。超低金利で費用を出してもらえるなら、この時期に行っておくのがベストです。歳を取ってからは他文化圏で生活するのはなかなか大変なことですし、発音も若いうちに行っておかないと片言になってしまう可能性が大です。変化を恐れていては、人生がよくなることはありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *