アメリカ留学の魅力とは
2019年1月18日

留学は2段階で行く時代になっていますよ

英語によるコミュニケーションスキルを向上させたいと思っている人は、フィリピンやシンガポールに出向いて現地の英語学校で英会話に必要なスキルを短期間で向上させてから、ヨーロッパやアメリカに留学しに行く人が多いです。

なぜ短期間東南アジアに行くのかというと、かなり安い費用を支払うだけで現地の学校に行くことができるからです。東南アジアの語学学校の講師は、かなり親切な人が多いので何度質問してもまったく困った表情をしないと、実際に現地の語学学校で学んだ生徒からいわれています。東南アジアというとかなり治安が悪いのではないかと心配する人もいるのですが、実際のところは治安は改善してきています。

しかも、現地の語学学校の敷地内にはセキュリティカメラを設置しているしガードマンも雇っているので安心できるといえます。そこで英語に慣れたら次は欧米やオーストラリア等に留学する、というケースがかなり増えています。そのようなプランを留学斡旋会社ならいくつか提案してくれます。外国で勉強することが決まったら、まずは斡旋会社のカウンセラーに相談するという人が多くいます。

予算内で留学できるようなプランを作成してくれるので、それをまずは検討してみるのもありです。自分でインターネットなどで現地の生活習慣や物価について調べてみて、わからないことはカウンセラーに質問するのも良いです。斡旋会社のカウンセラーに会いに行けない場合は、電話とかメールを活用するのもありです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *