アメリカ留学の魅力とは
2019年4月18日

留学をする上で役に立つ「荷物」情報

留学をする上で役に立つ情報としては色々なものがありますが、頭においておくと良い情報の一つに、「荷物の量」があります。

当然のことながら、留学をするということは、海外で生活をするということですが、必ずその間に増えるのが「モノ」です。生活する中で、様々なモノが増えていきます。教科書、防寒着、思い出の品…留学中、生活をしている時は全く意識をされないことが多いですが、いざ、帰国時期が迫ってきた途端に、どれだけの荷物が増えているかを見て、驚かされることが多いようです。

そして、増えた荷物をどうするか?という問題が発生します。一緒に持って帰るにも、飛行機のスーツケースには、持ち込める重さが決まっています。どの航空会社かにもよりますが、大体20kg前後までが無料で預けられ、それよりも重いと超過料金が発生することが多いようです。かといって日本に送るにも結構なコストと時間がかかるため、何を送るかで悩まされます。

出発前は勝手が分からず不安になるので、人間の心理としてついつい色々準備しておきたくなってしまいますが、留学に持って行く荷物は最小限に減らすことをおすすめします。

特に書籍関係は、重量がありますので注意が必要です。紙の和英辞書が必要な場合もあるかもしれませんが、実際、単語の意味は全てネットで調べられるので、重い思いをして持って行っても、使われない場合が多いです。ということで、辞書なども出来るだけコンパクトなものを持って行きましょう。帰国の時のことも考えて留学への準備をすると、とても役に立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *