アメリカ留学の魅力とは
2019年5月9日

海外留学経験や英語の資格が武器となる就職活動

日本企業は今、盛んにグローバリゼーションを促進しています。

社内公用語を英語、または中国語、韓国語に設定する企業も現れて来ました。日本語は残念ながら、ほぼ日本国内でしか通用しません。そのため、企業側は来たる本格的な国際化社会に向けて、留学経験者や英語関係の資格を持つ人材を積極的に雇用しています。いわゆるTOEICで高得点を得なければ応募出来ない求人などもあります。通訳や翻訳家なら英語力が要求されて当然ですが、近年では一般企業の応募条件にもそういった資格が求められます。

そのため意識が高い学生は挙って米国留学や中国留学を始めています。日本語以外の言語を学んでおけば、それは個人の武器となります。就職活動の現場において、英会話のスキルや中国留学の経験は大きなアドバンテージとなり、数多の応募学生の中で、頭角を現す事が可能です。大学生の間なら海外に向かう時間が比較的確保しやすいです。

人生の中でも、学生時代が最もスケジュールの都合が付きやすいため、夏休みや冬休みの時期を持て余す事なく、海外渡航に充てれば、早々と就職活動の準備が始められます。定番の国としては米国や中国、韓国、シンガポール、イギリス、カナダ等が挙げられます。その全てに共通するのが治安の良さであり、日本の国と同等の社会環境があります。また英語が公用語として採用されている地域も多く、日本人大学生の英語力でも十分留学生活が楽しく過ごせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *